ZUSHI-LIFE

Why don you live in zushi? Anything you want is around here. Come on, and let's play windsurfing together!

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

farewell

昔から何かと幹事キャラです。kokinです。

この夏だけで、人の送別会の幹事を3つやってます。

友達や同僚が離れて行ってしまうのはさみしいもんです。


送別会といえばプレゼントで悩んでしまいます。


本当に仲の良かった人との別れには、

仲間たちとのいろいろな思い出があるから、

また、いつでも思い出せるようにと、

メッセージ入りのアルバムを作ったりします。


プライベートな付き合いがあんまりなかった先輩は、

写真もあんまりないから、

やっぱり色紙が定番何でしょうか?


今もまだ、考え中です^^;

どなたかいいアイデアありますか???
  • [No Tag]

La botte

今日はなんもない日だったので、1人で野毛とか伊勢佐木町とかをぶらぶらサイクリング。

夜は、最近行きつけになりつつある野毛のLa botteというイタリアンバールへ。

ローマ美人のジゼルちゃんが作るイタリア料理は、
どうやら世界チャンピョンの直伝らしいので、
普段は②次会以降の店なのであんまり食べないんだけど、
今日は思い切ってラザニアを頼んでみました。

まいう~

最近徐々にお客さんも増え始めて、社交場な雰囲気に。

ただの一お客さんの立場だけど、応援していきたいです。

仕事は半人前、飲み屋開拓は一人前のkokinでした。
  • [No Tag]

kogane-bazaar

弘明寺のkokinです。

めっきり横浜市民になってしまいました。

逗子には海があったけど、

横浜ではウィンドも仲間もいないので、

毎日楽しいことを探し歩いてます。


試聴質

大岡川沿いの京急の高架下にある怪しい店「試聴室その2」

いつも通勤で通るので気になってはいましたが、いつもガラガラで入る勇気なかったけど、

この日はなんかのイベントらしく、ガヤガヤしてたので、

思い切って入ってみました。



なにやら韓国人とか学生とかがワサワサ。

どうやらアートで街おこしした韓国の街に関するシンポジウムだったらしい。

http://www.kitanaka-school.net/news/2010/09/vol2.html


しかし、入場したときにはもうクライマックス。拍手喝さいで終了か...と思いきや、

突然の懇親会!

偉い先生の話は1分くらいしか聞けなかったけど、

そのあと、横国や横市(あと関学)の学生と、

風俗バイバイ作戦で勢いを失ってしまった黄金町の町おこしに関して熱く語りました。



そのあと、シンポジウムのボランティアをしていた学生に連れられて、

NPOの事務局へ。

ノリでスタッフになってしまいました!



なんのボランティアスタッフかもよくわかっていませんでしたが、

とりあえず、アートな町おこしイベント黄金バザールを手伝うことになるようです。

9月10日から10月11日までやってます。

みんな来てね

  • [No Tag]

summer vacation

木曜から日曜まで4日間、夏休みとらせていただきました。

せっかくの休みですが、セイルがまだ届かないので、
美術館に行ったり、飲み会したり、料理作ったりと、
柄にもなく文化的な活動をしていました。

いろいろあったけど、実家帰った後に、飲み会まで時間が空いたからといった理由で行った
横浜美術館の展示が意外によかったのが心に残ります。

「ポーラ美術館コレクション展」でしたが、
何より驚いたのが、印象派からピカソ、シャガールに至るまでの100点近い作品が、
鈴木常司というただ一人の手によって集められたものだということでした。
是非、箱根のポーラ美術館にも一度足を運んでみたいと思いました。

その作品の中でも、モネとスーラは別格でした。

モネの作品の中には無論睡蓮もありましたが、暖色と寒色のコントラストが美しいベニスのサルーテ運河と、
少ない色数で、夕方のうす暗さを明るさを失わずに描いているフランスの漁村を描いたエトルタの夕焼けは、
その中でも特に印象的でした。
もね
サルーテ運河

index.jpg
エトルタの夕焼け

先週、国立新美術館のオルセー美術館展で初めて見たスーラの代表作「グランカンの干潮」がありました。
筆触分割を超えた科学的な点描技法で有名なスーラですが、間近で見ると点のサイズもそれぞれ違うし、
配色や構図まで本当に考え抜かれた素晴らしい技術だと思います。
絵画の技法としても、キャンバスのとらえ方そのものも、
それまでの芸術を逸脱した完成度の高い実験的な絵だと思いました。
スーラがもっと長生きしていたら、絵画の歴史は変わったかもしれないとまで思ってしまいました。
6034751.jpg
グランカンの干潮

思えば、FFに初めて来た5年前は結構スケッチなんかもしていたのに、ここ最近はめっきりしてない。
久しぶりになんか書こうかな。


  • [No Tag]

zushi road oasis

先日セイルが破れてしまい、新しいのを注文しましたが、
9月の半ば頃到着するということなので、この夏はウィンドをほとんどしてません。

でも、逗子の海で遊びたいから友達を連れてきて海水浴してみたり、
彼らをフェザーに招待したりとここ数年したことないチャラチャラした海遊びもやってます。

そんなゲストもいないときは仕方がないので散歩。
最近、気になっていた新しくなった県営駐車場に行ってみました。

最近まで廃墟のように何もなかった建物の中はリフォームされ、
地元の野菜や魚を売るアンテナショップやJIVAという名前のうまそうな食堂、
ソフトクリーム屋など、地元の食材をやたらとアピールした店が数店入ってました。

調べてみたら神奈川県道路公社と逗子の観光協会と食育関係のNPOがコラボして作ったみたいです。

素晴らしい点は、花火のときはオープンテラスから最高の眺めでビールを飲めること!
多分、気づいてる人も少ないから、穴場かもしれませんね。

まだホームページがないっぽいので、詳しくは市議会議員の高野さんのBlogを見てみましょう

おしまい
  • [No Tag]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。